Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bkk545.blog96.fc2.com/tb.php/5-a2eb3018

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お隣の建築現場

皆さま、サワディークラップ
でね、初級タイ語のお話なんですが、日本語の「どーも」に当たる万能サンキューがタイ語ではコップン・クラップなんですが、日常的には「クラップ(女性はクラーー)」って略しちゃうんですね。
でも英語の感覚だと"crap"に聞こえますよね。 タイ暮らし初心者の頃は、心の中で「いいのか、ありがとうの意味で”クソ”とか言っちゃって」とか思ってましたね

今日はタイトルの通り、お隣のご迷惑なコンド建設についてのお話。
写真の左が1カ月前の現場で、左下がスコタイホテル。
Sukhothai 1.1

これが憎たらしいことにバンコク随一の超ラクシャリーコンドなんざんす。一平米当たり価格240,000バーツ(日本円で約750,000 @3.1円) あーた、そりゃ外国人や富裕層向け新築コンドはこれまでも平米価格10万は超えてましたけど、その1.5倍ですよ。そりゃ、かの有名な5スターのスコタイホテルの直営コンドではございますが、それにしてもねー。だったら、私んちはいくら築17年とは言え、なんで三分の一なわけ? その上、スコタイは高層41階建だよー、僕んちのスンバらしい眺望の左半分が消える
日曜日までトンカンやってるしー(ま、それほどうるさくないんだけど)。

皆さま、ここで私、冷静モードに戻ります。血圧に悪いですから。
タイ以外の国在住の皆さまのために、タイ不動産の基本情報を。
1.外国人は土地は買えない。
 (法人としては買えるので、最近まではペーパーカンパニーを設立して購入する人も多かったが、2年ほどまえから該当法施行が強化されて実際営業する法人でないと難しくなった。また、タイの外国法人は51%をタイ国籍者が所有しなくてならない。)
 また、プーケット島とかの外人向けビーチヴィラの宣伝文句では30年リースx3で90年は居住権保証とか謳っていても、二回目のリース更新の保証はどこにもないので要注意です。
2.外国人はコンドミニアムはfreeholdで100%所有できる。
 (但し、コンド一棟につき外国人による所有ユニット総数は最大49%まで。)
3.もうひとつ、基本的にタイ国民は日本人と同様に新築を好み、中古を買って改装するということはほとんどない。そのため、英国などで通常に行われる改装して付加価値を付け売却益を得るという投資方法はタイでは難しいと思われる。その結果、上のスコタイレジデンスの話にもあるように、新築と中古の価格には大きな差が生じている。つまり、現在のタイ不動産市場は未成熟であるということでしょうか。
4.バンコクのマンション市場は現在供給過剰状態。年間販売総数3万戸といわれるなかで、新築在庫4万戸、今年は政治状況が好転するという予想の下に、予想新規発売3万から4万戸といわれている。
5.ちなみに、バンコクの新築コンドの価格は最低1百万バーツ台(スタジオ)から1千万バーツくらいが平均でしょうか。8百万バーツも出せば、都心のプール付き中級マンションの2ベッドルームくらいは買えるでしょう。ちなみに、外人向けコンドには通常プールがあります。

というわけで、皆さま焦ることはありませぬ、なんて言わなくとも世界の投資家は昨今のサブプライムを発端とする世界不況の影に怯えているわけで、身動きとれないんじゃないでしょうかね。
では、また


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bkk545.blog96.fc2.com/tb.php/5-a2eb3018

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

太吉

Author:太吉
早期リタイヤしてバンコクに
住む日英ゲイカップル。
日々の生活を紹介します。
主演:太吉(僕)&ダーリン

ブログランキング

ランキングに参加しました!

FC2ブログランキング

最近のトラックバック

FC2カウンター

Locations of visitors to this page

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。