Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bkk545.blog96.fc2.com/tb.php/47-bc14d9ce

トラックバック

コメント

[C120]

訴訟しちゃうなんて、さすが!
あっぱれでございます。

でも、ホントそんなひどいヤツが
結構いるから嫌になるよね。
ロンドンに行く際は、参考にさせて頂きます!

たしかに、バンコクのホテルなんか
ぴっかぴかだったもんな~~~と
懐かしく思う今日この頃です(^^)

早くデポジットが戻ってきますように!

[C121] ぢゃこちゃま:

やさしいコメント、ありがとん!

そうなんですよ、ひどいよね。

僕らもまあもっと事前調査をするべきではあったけど、
普段銀行とかEベイとかオンラインで使っていて
ネットで金銭のやり取りとすることに慣れていたことも、
原因のひとつだったかも。

これで人を信用することができなくなるかも…なーんて、僕らは昨日生まれたわけじゃないから、
そんなナイーブな反応しないけどね。
ダーリンは、「戦うゾーっ」と息巻いてます。
  • 2008-11-18 12:06
  • 太吉
  • URL
  • 編集

[C122] そ、訴訟ですか

日本の生活に馴れた身からするとびっくりする単語ですがここは英国
・・・あるある・・・! 本当にどういう国なんでしょうか、ここは
夫も今年だけでも不動産屋とレンタカー屋と果敢に戦っておりましたし
日常と戦闘が隣り合わせ、なんというスリリングな世界であるのか

なお

>ゲイ仲間でもかなりtight assedな僕たちは

この英単語の意味を一瞬本気で考え込み、次の瞬間
「なるほどなるほど!日本語でも似たような表現はあるからな!」
と心から納得し、次の段落を読み始めてから
「いや待て自分!それはない!あれはジョークだ!」
と心底慌てた私はたぶん英語が苦手なんだと思います

変なコメントですみません
  • 2008-11-18 22:16
  • Norizo
  • URL
  • 編集

[C123] Norizoさま:

さぶい国から、いらっしゃいませ ;)

いやー、訴訟といってもオンラインのsmall claim courtですから、
支払い請求書を送って、二週間以内に返事がない場合、
取り立て人を依頼するという簡単なものなんです。
お金の問題よりも、正しく教育されたダーリンは、こういう輩が許せないのですよ。
Norizoさまもその辺はよーくお分かりだと。

タイト・アス:あ、はい、文字通りの意味では、もちろんありません(汗)
        そいういう場合も、有り得るのですが(あー、墓穴)
  • 2008-11-19 14:01
  • 太吉
  • URL
  • 編集

[C124]

過去ね2回ロンドンに行きまして、最初は本当にろくでもないクソみたいなB&Bだったので、次回こそは奮発しようと1泊120ポンドの所に泊まったわけですよ。じゃーそこもやっぱりろくでもなくって、あんなに大金を払ったのにーーーーヽ(`Д´#)ノって思ってたけど、120ポンドって安いほうなのね・・・・・(汗)いやぁ~まいりましたわい。
  • 2008-11-20 01:09
  • gellius
  • URL
  • 編集

[C125] Gelliusさま:

いやロンドンは何もかもバカ高いのに、
サービスや施設の質が悪くて
いつも頭にくることばかり(じゃ、行くなよ?)

それに加えて、盗っ人タケダケシイ、レンタル会社に金を盗まれたんですから…!
もうお金はどうでもいいんだけど(少しは期待してるけどさ)、
こういう輩をのさばらしておくのは、
我々の高尚な道徳心が許さんのだよ、gelliusくん!
  • 2008-11-20 19:53
  • 太吉
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

事件発生!

みなさま、こんばんわグー!

前々回までお話してきた英国旅行、実はロンドンでは初めてあるサイトを通じてフツーのアパートを短期レンタルしたのですが…

ロンドン滞在は一週間、ロンドンでは必ずケンジントン/チェルシー当たりがお気に入りで、これまでは高くて悪名高いロンドンのホテルに泊まっていたのですが、今回はたまたま見つけたサイトでケンジントンのフラットを発見、2ベッドルーム七泊で950ポンド、つまり一日当たり135ポンド。

これは、リーズナブルの範疇に入ります! サイトで最近改装された清潔なフラットだと謳っていて、写真もまずまず。

予約するには宿泊料金950ポンドとセキュリティーデポジットとして100%,950ポンドを支払います。
ここで多少、不安な影が…。 
先ず、契約書をメールしてきたのでサインしてファックス返送したのに、賃貸する相手会社はサインもしない。
料金とデポジット受取のレシートをなかなかメールしてくれない。
何回かのメールと電話で、やっとEメール領収書を受領。

まあ、この辺で気がつくべきなんだろうけどね…

で、エジンバラからロンドン到着、当のフラットは以前僕らが所有していたフラットの近くだったので問題なく到着。
ちゃんと空港から電話したのに、鍵を持った女性が来たのは携帯で二回催促して45分後。
「遅れる客が多いから」って…事務所はケンジントンのフラットから車で10分くらいなはず…。

フラットの中に入り、そそくさと帰ろうとする女性を引き止めて、僕らは暖房とかの説明を要求、多少の説をして、彼女は帰った。

ここで記憶に留めておくべき会話、
僕ら: 「で、デポジットはいつ返してもらえるんですか?」
彼女: 「あ、10日後くらいです。」
僕ら: 「あ、そうですか・・・」


その後、フラットを点検してみると… んーなんか埃っぽいし、キッチンの床がやけに粘着性が高い!? でも少なくともベッドリネンとタオルは洗濯済みのようだ(つまり臭いはしない!?)。

あっ、カーペットに染みが二つ三つ。 そこらのサーフェスを指でツーッとやると、指は真っ黒!!!

はい、掃除しました。 キッチンの片隅になんとかいうウェットティッシューが残ってたので、それでキッチンの床を拭いてみた結果が、この写真!!
CIMG2211縮小
そのティッシュが載っているのが安っぽいゴミ箱の蓋で、そこにも黒カビがッ!

この時点で、ゲイ仲間でもかなりtight assedな僕たちは、ヒステリー気味に。
でもでも、温厚な日本人である私は、直情的なゲルマン民族のダーリンのなだめ役を努めたのでした。     「ここは英国、アジアではない。これくらい英国じゃ普通、フツーよ。 アジアのサービス産業は例外なのよヮーン!」

しかし人間、薄汚れたフラットにも、何でも慣れてしまうもの。 ロンドン滞在は、良い天気にも恵まれ、僕の腰痛にもめげず歩き続けた6日間、その内、この薄汚いフラットにも慣れてしまった僕らではありました。

そして一週間後、フラットを引き払った僕らは、またスコットランドに戻り四日間の楽しい時間を過ごし、灼熱のタイランドに帰国したのです。

そして、三週間後…。

「それにしても遅いよね、デポジットの返却」

その後、ダーリンがメール5回、国際電話5回…一向に音沙汰無し!

そんなある日、ダーリンが叫びました(僕はいつものように、キッチンで活躍中)。

「Oh, may gooooddddddooo!」

はい、事件のサイトは www.holiday-rentals.co.uk で、
問題はそこにフラットを広告してる会社The Real World Rental CompanyのRobin Larkinsなんだけど、ダーリンがRobin Larkinsでググッて見ると(遅いって! でも、このサイトを見つけたのは僕なので…)

出てくるわ、出てくるわ、苦情どころか、このオヤジを泥棒呼ばわりするサイトまで登場!
The Real World Rental Co., Robin Larkins, Rachel Larkins stole our deposit money!
We have read on the internet of several other similar stories victimised by Robin Larkins and Rachel Larkins!!


話が長くなるので結論から言うと、訴訟しました。英国にもSmall Claim Courtというシステムがあって、こういう小額な訴訟を簡素手続きで実行することができます。あと、三週間もすれば結果がでるでしょう。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bkk545.blog96.fc2.com/tb.php/47-bc14d9ce

トラックバック

コメント

[C120]

訴訟しちゃうなんて、さすが!
あっぱれでございます。

でも、ホントそんなひどいヤツが
結構いるから嫌になるよね。
ロンドンに行く際は、参考にさせて頂きます!

たしかに、バンコクのホテルなんか
ぴっかぴかだったもんな~~~と
懐かしく思う今日この頃です(^^)

早くデポジットが戻ってきますように!

[C121] ぢゃこちゃま:

やさしいコメント、ありがとん!

そうなんですよ、ひどいよね。

僕らもまあもっと事前調査をするべきではあったけど、
普段銀行とかEベイとかオンラインで使っていて
ネットで金銭のやり取りとすることに慣れていたことも、
原因のひとつだったかも。

これで人を信用することができなくなるかも…なーんて、僕らは昨日生まれたわけじゃないから、
そんなナイーブな反応しないけどね。
ダーリンは、「戦うゾーっ」と息巻いてます。
  • 2008-11-18 12:06
  • 太吉
  • URL
  • 編集

[C122] そ、訴訟ですか

日本の生活に馴れた身からするとびっくりする単語ですがここは英国
・・・あるある・・・! 本当にどういう国なんでしょうか、ここは
夫も今年だけでも不動産屋とレンタカー屋と果敢に戦っておりましたし
日常と戦闘が隣り合わせ、なんというスリリングな世界であるのか

なお

>ゲイ仲間でもかなりtight assedな僕たちは

この英単語の意味を一瞬本気で考え込み、次の瞬間
「なるほどなるほど!日本語でも似たような表現はあるからな!」
と心から納得し、次の段落を読み始めてから
「いや待て自分!それはない!あれはジョークだ!」
と心底慌てた私はたぶん英語が苦手なんだと思います

変なコメントですみません
  • 2008-11-18 22:16
  • Norizo
  • URL
  • 編集

[C123] Norizoさま:

さぶい国から、いらっしゃいませ ;)

いやー、訴訟といってもオンラインのsmall claim courtですから、
支払い請求書を送って、二週間以内に返事がない場合、
取り立て人を依頼するという簡単なものなんです。
お金の問題よりも、正しく教育されたダーリンは、こういう輩が許せないのですよ。
Norizoさまもその辺はよーくお分かりだと。

タイト・アス:あ、はい、文字通りの意味では、もちろんありません(汗)
        そいういう場合も、有り得るのですが(あー、墓穴)
  • 2008-11-19 14:01
  • 太吉
  • URL
  • 編集

[C124]

過去ね2回ロンドンに行きまして、最初は本当にろくでもないクソみたいなB&Bだったので、次回こそは奮発しようと1泊120ポンドの所に泊まったわけですよ。じゃーそこもやっぱりろくでもなくって、あんなに大金を払ったのにーーーーヽ(`Д´#)ノって思ってたけど、120ポンドって安いほうなのね・・・・・(汗)いやぁ~まいりましたわい。
  • 2008-11-20 01:09
  • gellius
  • URL
  • 編集

[C125] Gelliusさま:

いやロンドンは何もかもバカ高いのに、
サービスや施設の質が悪くて
いつも頭にくることばかり(じゃ、行くなよ?)

それに加えて、盗っ人タケダケシイ、レンタル会社に金を盗まれたんですから…!
もうお金はどうでもいいんだけど(少しは期待してるけどさ)、
こういう輩をのさばらしておくのは、
我々の高尚な道徳心が許さんのだよ、gelliusくん!
  • 2008-11-20 19:53
  • 太吉
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

太吉

Author:太吉
早期リタイヤしてバンコクに
住む日英ゲイカップル。
日々の生活を紹介します。
主演:太吉(僕)&ダーリン

ブログランキング

ランキングに参加しました!

FC2ブログランキング

最近のトラックバック

FC2カウンター

Locations of visitors to this page

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。