Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bkk545.blog96.fc2.com/tb.php/38-8db9200a

トラックバック

コメント

[C95]

俺も会社でたまに会議通訳とかやらざるを得なくなることもあるけど、通訳って大変だよね、大柄な人も結構多いから気は遣うしさ。確かに若い頃は「通訳」って響きにあこがれたけど、結局は言ってしまえは「お手伝いさん」じゃんね。決してメインにはなれない存在。別に目立ちたいわけじゃないからいいんだけど、本当にこの仕事やると誰が人間的にいい人なのか、頭がいいのかよく分かるよね。

[C96] べべじちゃん へ:

ひゃーお久コメ、ありがとう!
そうなの、そうなの、結局お手伝いさんでしかないのね。
実際は凄い神経使うしタイヘンな仕事なんだけど、報われない仕事です。

それに日英なんかだと、今時誰でも英語くらいできるしー、とか言われることもあるんだよねー、そういうこと言う奴に限って全然ダメなんだけどさ。
べべじちゃんは、スペイン語だから、より価値があると思われますが。

[C97] お久しゅうございます!

すっかりご無沙汰しちゃいましたが、
お元気でしたか? 

同時通訳、憧れる気持ちわかります!
勿論そこまでフラ語のボキャブラリーがないから
せいぜい旦那に同時通訳、なんですがねっ。

官僚の方ってやっぱりそこまで態度が悪いんですね~。
なんでそんなにふんぞり返ってるんだろ。
理解できないです!

芸能人の通訳なんておいしいかも?!

[C98] ぢゃこちゃん おヒサー!

ホントに、どうしちゃったのかしらん、と心配してましたv-48

日本の夏休みが楽し過ぎて、ブログも夏休みだったんでしょうね?

そうですね、芸能関係オイシイかも。 ご紹介ください(はぁ?)

[C99] 遅コメですが

僕も子供の頃に同時通訳に憧れていました。
小学校、中学校の卒業文集で「将来なりたいモノ」に通訳者と書いていたほどなんです。
途中で路線が変わって結局通訳の勉強もせずにいたんですが、大人になってから仕事の関係で通訳のようなことをする機会がとても多い時期がありました。

今回のお話に出てきた今は亡き某政治家さん、僕もオランダでちょっとご案内したことがあるんです。かの政治家さんに対する僕の印象も太吉さんと同じでとても腰の低い「普通の」おじさまだな、というものでした。なんだか懐かしい思いで、今回の太吉さんの記事を読ませていただきました。

[C100] 龍児さん:

なんという奇遇でしょうか!?
(ま、相手が有名人なんで、会ったことのある人も多いでしょうが…)

僕は今でも国際会議の同時通訳に憧れますね、凄い特殊技能でしょ?
日本でこのレベルの超一流のいわゆるAクラス同通者は、10人もいないんだそうですよ。
実は、僕の同窓生でその一人になって活躍していた方がいて、僕の憧れでした。

(その方も僕らのお仲間で…。 こういう能力って、女性的なものが必要なんでしょうか?)

[C101] 初めまして!

太吉様♪
お声をかけていただきとてもうれしいです。
あの超美しいしょうこちゃんのご友人なんですね。
バンコクでのすばらしい隠居生活(もとい、リタイヤ生活)の様子羨ましく拝見しました。
インテリアの写真などもすばらしいです。

字幕の通訳って一度やってみたいことなんです、実は。
太吉さま、本当に好きなことをバンコクでなさっているご様子、これからも御ブログで楽しく疑似体験させてくださいませ。

こちらこそよろしくお願いします。

[C102] るみ様

いらっしゃいませ、お待ち申し上げておりました。

あの、ショウコ様とは一年のとき同じクラスでしたが一度お話したことがあるくらいで友人とはいえません。 モデルの仕事で忙しかったらしく、だんだんクラスでもお姿を拝見することが少なくなっていったような記憶があります。 るみさんのブログから彼女のサイトにジャンプしてみたら、なんと凄いご活躍ぶりで、感心しました。

更新の遅いことで有名なブログですが、どうぞよろしく!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

翻訳と通訳の仕事

みなさま、こんばんわ (この絵文字、何ですか?)
今日は話題を変えて、僕の”内職”のお話です。

実を言うと私、現在バンコクで小遣い稼ぎと頭の体操のため、時々産業翻訳(英語日本語)をやってます。 これまでにも翻訳や通訳をやっていた時期がありまして、香港では一旦銀行を辞めていくつか仕事を転々とした時期に一年半くらいフリーランスで通訳を、9ヶ月ほど映画配給会社で字幕翻訳を、あとエジンバラでも産業翻訳をやってました。

CIMG1747.jpg

通訳には方法による分類、1)同時、2)ウィスパー、3)逐次があり、形態では1)会議通訳、2)産業通訳などがあります。 同時はみなさんも多分ご存知でしょうが、国連などの国際会議から一般企業の会議まで、通常通訳ブースに入って同時で通訳するもの。 ウィスパーというのは、文字通り「囁く通訳」で、会議などで顧客の耳元でほとんど同時で通訳するものです。 逐次は言うまでも無いでしょうが、顧客が一区切り話した後、それを通訳します。

翻訳の分類は、大きく文芸翻訳と産業翻訳。

僕は通訳では全て経験はしていますが、ほとんどは逐次で、翻訳もほとんどが産業翻訳です。
なんか恥ずかしながら、同時通訳に憧れていた時期があって、大学でも同時翻訳入門コース、その後就職してからも某同時通訳養成学校(出版部門が不調で後に倒産した)の夜間コースに通っていたりした時期がありまして…

よりによって何で同時通訳なんてものが面白いと思うようになったのか、僕もよく分かりません。 が、あの緊張感がなんとも言えないのですわ。 さすがに今は体(頭?)がついていかないし、通訳者の扱いもガイド程度だったりすることもあって通訳は止め、時間的に融通の利く翻訳だけをやっていますが。

中でも一番楽しかったのは、香港の映画配給会社での字幕翻訳。 
1996か97年ころスターTVが、スターチャンネルを通じて米国映画や番組を日本で配給することになり(その後、不振で中止?)、その配給会社が字幕も担当することになったわけです。 

それまで勤めたある日本の会社が悲惨なところだったので辞め(詳細はまたの機会に。おもろい経験させてもらいました、ここでも)、新聞広告で募集を見つけて即入社。 安月給だったけど、自分の興味があることを仕事にできたのは、これが初めてだったし、一緒に働いた仲間も楽しかったし、僕の仕事人生の中ではダントツの楽しさでした。

みなさんの中で自分のキャリアについて悩んでいる人がいたら
「とにかく、自分のやりたいこと、情熱をもてることを追求しなさい!」
と声を大にして断言します!

僕は「Hollywood 101」とかいう最新映画情報の30分番組の字幕制作を中心に担当し、さらにそのビデオに字幕を入れる作業もしてました(あー、あの悲惨な字幕の番組、覚えてるわー、という人がいるかも)。 
当時は、マニュアル(Enterキーで)でインプットしてたんですよー。
30分番組といっても、スクリプトの割付(字幕制作のために、耳で聞きながら割付する)、翻訳、ビデオ・インプットの作業で、一日かかりましたね。 それでも、早いとかいわれてましたけど。

その後、前に務めた銀行から再度のお誘いがあって戻ったので、9ヶ月で終わってしまいましたけど、今でもあの頃をなつかしく思い出します。 あの時の仲間はどうしていることやら? 

その他の通訳では、もう少し前にフリーでやっていた頃、今は亡き自民党の某政治家(「平成」の年号を発表したあの人)が香港のある大企業を訪問したときに逐次通訳をやったことをよく覚えています。
エージェントが例によって顧客情報を詳しく教えてくれなかったので、初めてこの政治家のグループに会ったとき、「あーまたおやじばっかで疲れるなー」とか思っていたんだけど、その中にどこかで見たことのあるおやじがいるなー、と… あーっ、あいつだー! 早く言えよなー (当時は自民党幹事長だった)

その後は、そのおやじ男性につきっきりで通訳しましたが、日本の政治家にしては腰が低く通訳である僕もガイド扱いなどすることもなくフツーに丁寧に接してくれたことが印象に残ってます。
その後、首相になって過労で亡くなったのは、いかにも残念なことでした。

いやーな奴で覚えてるのは、大使館の官僚、それも在香港日本大使。 これは、銀行に勤めてた頃、新任大使が銀行の会長に表敬訪問(日本人は好きだねー、ご挨拶が)に来たとき会長から依頼されて顔を出したもの(あ、本業は法人融資審査でしたからねー)。 先ず、会長室前で大使に会い、名刺交換してご挨拶。

僕 「太吉ともうします。 今日はお手伝いにまいりました。 よろしくお願いいたします。」
奴 「はぁ、いや、手伝いなんて要りませんよ!
僕 (ナンダー、このおやじー!!
奴の秘書 (…

それでも当然、何事もなかったかのように、静かにメモを取る太吉。 表敬だもん、香港や中国経済のごく一般的な話に終始するだけのつまらない会話が30分くらい続いて、終わり。
奴は僕にはありがとうの一言も無く、さっさとお帰り。

その後、件の秘書から電話あり。
「あの、すみません。 訪問の報告書を書いているのですが、会話の内容を確認させていただけますか?」 はい、彼には非はありませんから、ていねいに教えさせていただきました。 
ほらね、だからお手伝いに来ましたって、言っただろーがーがーがー  
ほんと、日本の官僚って、傲慢な奴らが多いよー。 
白人にはヘコヘコしやがるくせにー (まっハシタナイ、私としたことが) 
他にもゴーマン官僚は多々いたけど、ま似たようなものだし、思い出すのも腹が立つので割愛。

なんか、また長くなってしまったので、次回に続けさせてください。
あ、Visitorのみなさまやいつも拍手してくださるみなさま、
こんなオバサンの昔話につきあってくださって、
本当にありがとうございます Thank you, darlings! Come and see me again soon!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bkk545.blog96.fc2.com/tb.php/38-8db9200a

トラックバック

コメント

[C95]

俺も会社でたまに会議通訳とかやらざるを得なくなることもあるけど、通訳って大変だよね、大柄な人も結構多いから気は遣うしさ。確かに若い頃は「通訳」って響きにあこがれたけど、結局は言ってしまえは「お手伝いさん」じゃんね。決してメインにはなれない存在。別に目立ちたいわけじゃないからいいんだけど、本当にこの仕事やると誰が人間的にいい人なのか、頭がいいのかよく分かるよね。

[C96] べべじちゃん へ:

ひゃーお久コメ、ありがとう!
そうなの、そうなの、結局お手伝いさんでしかないのね。
実際は凄い神経使うしタイヘンな仕事なんだけど、報われない仕事です。

それに日英なんかだと、今時誰でも英語くらいできるしー、とか言われることもあるんだよねー、そういうこと言う奴に限って全然ダメなんだけどさ。
べべじちゃんは、スペイン語だから、より価値があると思われますが。

[C97] お久しゅうございます!

すっかりご無沙汰しちゃいましたが、
お元気でしたか? 

同時通訳、憧れる気持ちわかります!
勿論そこまでフラ語のボキャブラリーがないから
せいぜい旦那に同時通訳、なんですがねっ。

官僚の方ってやっぱりそこまで態度が悪いんですね~。
なんでそんなにふんぞり返ってるんだろ。
理解できないです!

芸能人の通訳なんておいしいかも?!

[C98] ぢゃこちゃん おヒサー!

ホントに、どうしちゃったのかしらん、と心配してましたv-48

日本の夏休みが楽し過ぎて、ブログも夏休みだったんでしょうね?

そうですね、芸能関係オイシイかも。 ご紹介ください(はぁ?)

[C99] 遅コメですが

僕も子供の頃に同時通訳に憧れていました。
小学校、中学校の卒業文集で「将来なりたいモノ」に通訳者と書いていたほどなんです。
途中で路線が変わって結局通訳の勉強もせずにいたんですが、大人になってから仕事の関係で通訳のようなことをする機会がとても多い時期がありました。

今回のお話に出てきた今は亡き某政治家さん、僕もオランダでちょっとご案内したことがあるんです。かの政治家さんに対する僕の印象も太吉さんと同じでとても腰の低い「普通の」おじさまだな、というものでした。なんだか懐かしい思いで、今回の太吉さんの記事を読ませていただきました。

[C100] 龍児さん:

なんという奇遇でしょうか!?
(ま、相手が有名人なんで、会ったことのある人も多いでしょうが…)

僕は今でも国際会議の同時通訳に憧れますね、凄い特殊技能でしょ?
日本でこのレベルの超一流のいわゆるAクラス同通者は、10人もいないんだそうですよ。
実は、僕の同窓生でその一人になって活躍していた方がいて、僕の憧れでした。

(その方も僕らのお仲間で…。 こういう能力って、女性的なものが必要なんでしょうか?)

[C101] 初めまして!

太吉様♪
お声をかけていただきとてもうれしいです。
あの超美しいしょうこちゃんのご友人なんですね。
バンコクでのすばらしい隠居生活(もとい、リタイヤ生活)の様子羨ましく拝見しました。
インテリアの写真などもすばらしいです。

字幕の通訳って一度やってみたいことなんです、実は。
太吉さま、本当に好きなことをバンコクでなさっているご様子、これからも御ブログで楽しく疑似体験させてくださいませ。

こちらこそよろしくお願いします。

[C102] るみ様

いらっしゃいませ、お待ち申し上げておりました。

あの、ショウコ様とは一年のとき同じクラスでしたが一度お話したことがあるくらいで友人とはいえません。 モデルの仕事で忙しかったらしく、だんだんクラスでもお姿を拝見することが少なくなっていったような記憶があります。 るみさんのブログから彼女のサイトにジャンプしてみたら、なんと凄いご活躍ぶりで、感心しました。

更新の遅いことで有名なブログですが、どうぞよろしく!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

太吉

Author:太吉
早期リタイヤしてバンコクに
住む日英ゲイカップル。
日々の生活を紹介します。
主演:太吉(僕)&ダーリン

ブログランキング

ランキングに参加しました!

FC2ブログランキング

最近のトラックバック

FC2カウンター

Locations of visitors to this page

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。