Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bkk545.blog96.fc2.com/tb.php/37-d9e38113

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

英国 - 7

みなさま、こんにちは

さあ、エジンバラのフラット売却プロジェクトの開始です。

                      エジンバラ E-street 縮小

先ずは弁護士に依頼。 普通は購入したときの弁護士に依頼するのがパターンでしょうが、その弁護士が実はダーリンの旧友でして、良い人であるがために多少押しの弱いところあり。 僕らには絶対このレベルで売りたいという価格があり、当然市場の動きは十分に承知しておりましたから自信もあったのですが、エジンバラ一との評判の高い辣腕弁護士に依頼することに (慎重かつ強気!)

パンフレットの作成(上の写真やこれまでにご紹介した写真の一部はパンフレットから)、価格設定、売り出しと入札期間などのタイミングなど等、弁護士との相談が綿密に行われました。

その間、僕たちは入り口のドアや階段部分のニスを塗り変えたりドアノブを磨いたりと細かい部分の修繕や掃除をしてバイヤーの下見の準備に余念がありません。 
ダーリンのモットーは、「Devil is in the detail. (落とし穴は、ディテールにあり)」なのです。
当然、僕も細部にまで気を配る典型的なA型日本人ですから、その徹底ぶりは胃潰瘍モノ?!

下準備が整ったら、ESPCに広告が張り出され、入札基本価格が表示されます(例えば、Offers over GBP250,000など。つまり、入札はこの価格以上で)。 希望価格マイナス20%-30%程度とすることが多いらしい。 告示期間は一ヶ月程度、その間バイヤーはアポまたは売り手の指定日に下見ができます。 興味があるバイヤーは弁護士にその旨(Note of interest)を伝え、その数が3,4人になると入札日を決めます。 この辺は、弁護士の経験により決定され、特に決まりはありません。

で、僕らの入札はどうなったのでしょうか?

下見は日曜日の午後四時間と木曜日の夜3時間(これがよくあるパターン)でしたが、思ったより出足が悪く、一ヶ月でたった3,4組ほど。 それでも、Note of Interestが二件あったので、入札日を設定し公示しました。

さて、入札日。 予定の時間に弁護士事務所に出向き、そわそわ待つ僕たち。
あ、かの辣腕弁護士が買い手弁護士からの入札ファックスを持って、ミーティングルームに入ってきました!

でもなんかあんましニコヤカな顔してない感じ…
結果は、予想をずーっと下回る額とだいぶ下回る金額(どう違う?)で、「…」な僕たち。
辣腕氏も、「あの辺は、人気スポットとはいえないし…」とか、言い訳が始まる。

しかしここでも、強気のダーリンは強気だった。

「じゃあ、こうしましょう。 今回は一旦引き上げて、後日Fix Priceでやり直します!」

えーっつ、あ、そういう手もあったのねん by 太吉。

辣腕氏もたじたじのダーリンの強気に押され、しぶしぶ承諾。
一ヵ月後、希望価格を販売価格にして再度の挑戦開始!

そして、待つこと三週間。 下見に来た人数はそう変わらず、どうなることかと心配しながらも、はたまた2組で入札することになりました。 そして…


はい、希望価格で売れましたーっ!
そして、その売却価格とは、3.5年前の購入価格の実にナントー


「2倍」ですっ!

あー、マントルピースを取り替えたり、あっちこっち磨き続けたかいがあったというもの。
しかし、3年ちょっとで倍って、凄い投資レターンでないかい? (でもね、ロンドンなんか3倍から4倍くらいになってたんだよ by フレンズ) それに、Principal residenceだったので無税!

これで、バンコクでの退職生活も安泰というものだと、それはそれは二人で大喜びだったのは、いうまでもありません。

買って下さったのは、エジンバラ出身の退職したばかりの外交官一家で、市の中心に近いこの辺に住みたかったらしい。 エジンバラ郊外の持ち家を売っての住み替えだそう。 特に気に入ったのが、例の木製のマントルピースだったそうです。 はい、もちろん、そこに大理石のものがあったことなど、一言たりとも言いませんでしたとも。
(読者のみなさまにおきましては、エジンバラにお越しの際には、賢い選択を。 言ったら、シバクぞー)。 

こうして、ホクホクの僕らは、亡きお母様に手を合わせながら、バンコク行きのフライトに意気揚々と乗り込んだのでした。
英国編 これで一旦終わりです (えー、また出てくるってこと?)。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bkk545.blog96.fc2.com/tb.php/37-d9e38113

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

太吉

Author:太吉
早期リタイヤしてバンコクに
住む日英ゲイカップル。
日々の生活を紹介します。
主演:太吉(僕)&ダーリン

ブログランキング

ランキングに参加しました!

FC2ブログランキング

最近のトラックバック

FC2カウンター

Locations of visitors to this page

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。