Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bkk545.blog96.fc2.com/tb.php/32-323917d9

トラックバック

コメント

[C87] すごいお宅ですね

500平米って日本の感覚だけじゃなく、こちらヨーロッパの感覚でもすごく広いですよ。
とってもきれいなお宅だったんですね。

[C88] はい、デカくてすみません

それでも当時エジンバラの不動産価格はロンドンの四分の一くらいだったので、
まあ東京都心の中級コンドくらいの価格だったんですよ。
悪くない投資ではありました。 もう少し詳しいことは、次回に書きますね。

[C89]

(@。@;) ゴ、ゴ、ゴーーージャスゥ!
凄いや、凄いや~~~!
インテリアのセンスもさすがだわぁ~~~。

でも、家ってあんまりおっきいと
それも落ち着かないものです~~~、
ってそれはワタシが庶民の出だからね!

続編にも期待♪

[C90] ぢゃこちゃん:

いや確かに、はじめは僕らも落ち着きませんでした
香港から移り住んだのも2月の冬だったので、寒かったし。

二人には大き過ぎ。
でもね、でもね、人間ってすぐに慣れてしまうものなんですよー。

続き早めに書きます!
(ダーリンにぢゃこちゃんのコメを伝えたら、喜んでましたん! Thanks!)

[C91] こんにちは

素敵なお宅様ですね~
インテリアが すばらしい!
こんな家に 住んでいらしたんですね~ 
あ~夢のような生活!

[C92] Japan SFOさん:

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます。

はい、居住環境は良かったんだけど、スコットランド人がねー…
詳細はまたアップします。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

英国へ - 3

みなさま、相変わらずごぶさたでした

今日は、前々回の続きで、僕らのゴージャスなエジンバラのフラットのインテリアをご紹介します(あ、もう売ってしまったので、過去形ですが)。

このいわゆるDouble Upper(3,4階で一軒のフラット)は、3階にDrawing room, Dining room, Kitchen, Guest bed room, bathroom、4階にSitting Room, Bed room x2, Study, bathroom, Laundry roomで、総面積は多分500平米くらいだと思います(日本の感覚から言うと、デカイ) それに、天井の高さも4mはありました(あー暖房費がー)。

先ず、入り口からエントランス・ホールに入ると木製の階段があり、その左にあるのがDrawing Room ([ドローイング・ルーム] 敢えて言うとリビングですが、お客様とダイニングルームで食事を終えてからリラックスするためにwithdrawする部屋であることから、drawing roomと呼ばれるそうです。)

Drawing Room 1 縮小

僕たちもお客様があるときぐらいしか使ってなかったです(もったいなー)。 リビングは、階上のテレビもおいてあるSitting room(座る部屋?)の方が近いでしょう。

ベースカラーを白(壁)と黒(ソファ)にして、オレンジの器とかをアクセントにしてみました(ファッションショー解説調)。 上の写真の左側は…こんな感じ。
Drawing Room 2

白黒の感じがよくわかります。 ソファーもダーリンが香港で張り替えたもの。左のソファは新しく作らせたもので、ベージュに黒のストライプに金のラインが入ってます。 中央に(雌)ライオンのブロンズが置いてあるテーブル(Miniature partner's desk by Maitland-smith)のトップも同じ黒のシルクを敷いてあります。

次は反対の入り口側からの写真ですが、窓からの景色が見えますね。 正面のレジデント専用の庭の大木が丁度目線の先になっていて、春の新緑から桜、秋の落葉まで楽しめます。 英国に来て初めて木の美しさが本当によく分かるようになりました。 ま、歳のせいもあるんでしょうけど

1863.jpg

今日はこれまで。次回は残りの部屋をご紹介します。
あ、他のブログに移るまえに、一番上の写真の右側の大理石の暖炉を記憶に留めておいてくださいね。   あっと、驚く衝撃の真実が!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bkk545.blog96.fc2.com/tb.php/32-323917d9

トラックバック

コメント

[C87] すごいお宅ですね

500平米って日本の感覚だけじゃなく、こちらヨーロッパの感覚でもすごく広いですよ。
とってもきれいなお宅だったんですね。

[C88] はい、デカくてすみません

それでも当時エジンバラの不動産価格はロンドンの四分の一くらいだったので、
まあ東京都心の中級コンドくらいの価格だったんですよ。
悪くない投資ではありました。 もう少し詳しいことは、次回に書きますね。

[C89]

(@。@;) ゴ、ゴ、ゴーーージャスゥ!
凄いや、凄いや~~~!
インテリアのセンスもさすがだわぁ~~~。

でも、家ってあんまりおっきいと
それも落ち着かないものです~~~、
ってそれはワタシが庶民の出だからね!

続編にも期待♪

[C90] ぢゃこちゃん:

いや確かに、はじめは僕らも落ち着きませんでした
香港から移り住んだのも2月の冬だったので、寒かったし。

二人には大き過ぎ。
でもね、でもね、人間ってすぐに慣れてしまうものなんですよー。

続き早めに書きます!
(ダーリンにぢゃこちゃんのコメを伝えたら、喜んでましたん! Thanks!)

[C91] こんにちは

素敵なお宅様ですね~
インテリアが すばらしい!
こんな家に 住んでいらしたんですね~ 
あ~夢のような生活!

[C92] Japan SFOさん:

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます。

はい、居住環境は良かったんだけど、スコットランド人がねー…
詳細はまたアップします。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

太吉

Author:太吉
早期リタイヤしてバンコクに
住む日英ゲイカップル。
日々の生活を紹介します。
主演:太吉(僕)&ダーリン

ブログランキング

ランキングに参加しました!

FC2ブログランキング

最近のトラックバック

FC2カウンター

Locations of visitors to this page

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。